新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

北陸自動車道 上越IC 雪氷対策体験の旅

09年03月26日ONAIR

 今年は今のところ小雪と言われておりますが、少しでも降雪があれば、運転には危険が伴います。そこで今日は、豪雪地帯の高速道路を守る人達に登場してもらい、雪氷対策の内情をさぐっていきたいとおもいます。

 まずは北陸自動車道上越ICにある、上越管理事務所にむかいます。ここは、雪氷対策のいわば指令所。中には、高速道路を雪から守る猛者達が、ひしめき合っておりました。去年のような状況だと24時間フル稼働で出動する事もあるそうです。今年は去年程の出動回数はないそうですが、いつでも臨戦状態は出来ているとの事でした。

 まず見せてもらったのは、いわゆる除雪車。普通は3台のフォーメーションで出動するそうです。これが意外にデカイ!雪を掻くショベル部分は4m位あるんですよ。しかも、ショベル下部の道路と接する面には、固いゴム状のものを取付け、路面を傷めないように工夫されていて、20回くらいの出動ですり減ってしまい、交換するそうです。しかも、除雪車自体もウン千万もするらしい・・・。いや〜、除雪はお金もかかるんすね〜。

 では、実際冬場の高速道路の安全を確保する為に、どんなお仕事をしていらっしゃるかを探りに、上信越道新井P.A.に向かいました。P.A.に入るっつ〜か、全車強制的に入れられてのタイヤチェック&チェーン指導を受けます。そう、ここから先は、チェーン規制なのです。こういう時、滑り止めのない車はUターンさせられますんでご注意を・・・。んで、なぜかアタシもチェック&指導に挑戦。楽しかったですけど、これを吹雪の中やってると思うと頭が下がります。その後、凍結防止剤の濃度チェック等を体験。安全確保のためのチェック項目の多さにビックリです。

 最後に、知ってると便利な情報を一つ。妙高S.A.にある「情報ターミナル」。通行止め情報はもちろんですが、各路線の路面状況を24時間先まで予測してくれるんです。これから向かう先の道路状況をチェックしておけば、心構えも大分違うはずです。目印は表示板の『i』のマーク。他にも便利な機能がいっぱいありますから、一回触って見てください。

 今回の教訓!道路を守るプロ達が、いくら安全対策が万全に行っても、運転するのは我々ドライバーです。冬のドライブは、慎重過ぎるほどの安全運転で!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

除雪車フォーメーション!近くで見るとデカイ! 20回くらいの出動で、これがすり減って、交換するんですと!
新井P.A.でタイヤチェック&チェーン指導で強制停車。 なんでかタイヤチェック&チェーン指導に挑戦。
光ってるね〜、俺。
塩の濃度を測るメカ。塩ちょっと足りんかったみたい。 もっと簡単な塩分濃度測定方法は、
ズバリ道路を舐める!まずい!
妙高S.A.の情報ターミナル。これ知ってると凄い便利です。 本日の気まま号&上越管理事務所の皆さん。