新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

磐越自動車道 新潟亀田IC 雪氷対策・除雪車の出動式に参加

07年11月15日ONAIR

 そろそろ冬の足音が聞こえてきそうな昨今ですが、今週はそれにちなんだ「高速道路の謎シリーズ」です。我々も冬になる前に、タイヤを変えたり、ウォッシャー液を凍らない奴に変えたり、雪氷対策をするわけですが、NEXCO東日本でも当然やっております。今日は、その冬場に大活躍する「除雪車」などの出陣式と安全祈願祭が行われると言う事なので、行ってみる事と相成りました。

 場所は、磐越道・新潟亀田ICにあるNEXCO東日本 新潟支社・新潟管理事務所。行ってみてまずビックリしたのは、広い駐車場に黄色い特殊車両がこれでもかって集結しているさま。おそらく40台以上は並んでるんじゃないかな〜?新潟管理事務所には、ここに集結している車両以外にも、まだ沢山の車を保有しているとの事。安全を確保するのって大変なんですね・・・。

 集結しているのは、なにも車だけではありません。新潟管理事務所の職員をはじめ、関係会社・協力会社等の皆さんが集まっていらっしゃいました。まず始まったのは、安全祈願。神主さんも二人体制で、厳かに始まります。皆さん真剣な面持ちなので、我々スタッフも真剣にお祈りいたしましたよ。

 30分ほどの安全祈願祭が終わると、今度は「出発式」。新潟管理事務所長の号令で、車両の安全点検が始まります。隊員の皆さんの操作で、様々な特殊車両の点検がなされます。男の子なんかは、こういう光景を目撃したら、かなりテンション上がるんだろうね。かなりかっちょいいです。全ての車の安全が確認されると、今度は模擬走行です。さすがに全ての車両を走らせるわけには行かないので、実際の除雪作業をする際の1組(なんて表現するのかしら?)が代表しての走行です。模擬走行の様子を見ながら、「今年もよろしくお願いします。」と思わず手を合わす我々でありました。我々ドライバーも、本格的なウインターシーズン突入前に、出来る準備はしておきましょう。誰でもない、自分自身の為でもありますよ。

 おまけ! 厳寒期になりますと、道路が凍らないように「凍結防止剤」ってのを道路に撒くわけですが、その作り方を見せてもらいました。ちゃんと専用のドッグがあって、そこで車両に充填しているんですよ。ドッグ内には、凍結防止剤の元である「塩」が山積みになってます。この塩は、モンゴルやオーストラリアからの輸入品なんですと。ちょっと舐めてみましたが、やっぱ食用塩とは違いますな・・・。その塩を、水が入っている専用タンクにドバドバっと空けまして、空気の力でゆっくり攪拌します。なるほど、ワンシーズンで使用する量もはんぱじゃないでしょうから、作り方も豪快です。山形の芋煮もこんなかんじなのかな?

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

特殊車両ズラリ勢揃い! 新潟管理事務所所員、関係者で安全を祈願します。
各車両の安全点検。 模擬走行。なかなか立派なパレードでしたよ。
除雪フォーメイション。実際はもう一台加わります。 除雪Gメンの皆さん。今年もよろしく!
これが道路に撒かれる塩だっちゃ。 専用ドッグで充填します。