新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

上信越自動車道 妙高高原IC 温泉ソムリエと温泉ドライブを楽しむ!

08年04月10日ONAIR

 ヤン気まもVol.3になって2週目。今回は温泉ドライブに行くんですが、リポートの方もグレードアップしなくてはいけません!ただ浸かって「ふぇ〜・・・」じゃ〜物足りん!って言われちゃいました。そんなこんなで、ある人物に助けを求めたわけです。

 向かった先は、上信越道・妙高高原ICから約10分、赤倉温泉でございます。赤倉でピーンときた人は、結構なFM新潟フリークです。今回教えを請うのは、そう!温泉ソムリエの第一人者・遠間和宏さんです。まぁ〜のっけからテンション高い×2(笑)ヤンもお会いするのは初めてでしたが、なかなかの奇人です。しかし、知識と話術は折紙つき!!本日はご教授お願いいたします!!

 温泉ソムリエ流の入浴法を学ぶため、お邪魔しましたのが「ホテル太閤」さん。なんでも露天風呂が絶景だそうな。んじゃ〜、一刻も早く露天風呂へ!って思うのが人情です。んが!ここで遠間さんから、待ったが!露天風呂をより楽しむためには、いくつか手順が必要なんですと!

1 入浴15分くらい前に、水を飲んでおく(150ml程度)
2 露天に行く前に、まず内風呂でかけ湯をする。(足・腕・胸と段階的に)
3 内湯に浸かります。(かけ湯をして入ると、スッゲ気持ちいい!)
4 体がある程度温まったら、ようやく露天へGO!

細かく言うと、まだまだ色々あるんですが、おおまかに言うとこんな所です。そんで入った露天風呂の気持ちがいいのなんのって!!しかも温泉ソムリエ・遠間さんの解説付きですよ。メチャメチャ楽しかったっす。またまたデータっぽくなっちゃいますけど、遠間さん直伝の入浴テクニックです。

 「浮遊浴」・・・お風呂のへりに首をもたれ、仰向けに寝ます。膝を曲げ、足の裏を浴槽の底につけます。脱力すると体が浮いてきます。プカ〜ン・・・気持ちいい〜!

 この入浴法だと、体への負担が少なく、長く温泉を楽しめるんですよ。ただ、難点は恥ずかしいカッコって事。一人っきりの時はいいでしょうけど、混んでる時は勇気がいります。そのほか、為になることいっぱい聞いたんですけど、いかんせん字数に限りが・・・。まぁ、いずれヤン気まの本編で披露できればと思ってます。遠間師匠ありがとうございました!!

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

温泉ソムリエ・遠間さん。後ろは「遠間旅館」 入浴15分前に水分補給。
露天に行く前に、まずは内湯で体を温めます。 眺め最高!ホテル太閤の露天風呂。
このまま膝を曲げて脱力すれば、浮遊浴。 いや〜温まったぜい!
温泉うんちくはいつまでも続くのでした・・・。 今週のプレゼント!遠間さん著。