新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

北陸自動車道 糸魚川IC 雲の上の極上温泉!/糸魚川市・蓮華温泉

08年09月11日ONAIR

 今回のドライブは、100回突破記念に御褒美ってことで温泉に浸かりに行っちゃいます!たまには気の利く事してくれんじゃね〜か!ヤン気まスッタッフ!喜び勇んでの目的地は、北陸道・糸魚川ICから山道を運転すること90分、蓮華温泉であります。

 到着してみてビックリ!!ものすんごい山の中!それもそのはず標高1500mだって!秘湯中の秘湯なんだってさ!普通さ、ほうびに温泉って言ったら小ぎれいな温泉旅館を想像するじゃん。出発点のロッジだって、山小屋以外のなにものでもないよ。全くもって我がスタッフ、普通が一番って事を理解できない哀れな中年BOYSなのです。しかしながらこの蓮華温泉、なんと混浴野天風呂が4箇所もあるってんで、ささやかな期待にいろんな所を膨らませながら、気を取り直しての出発であります。

 徒歩40分位のトレッキングコースに四箇所のお風呂があるんですが、それぞれ泉質やお湯の色、趣も違うんです。最初にたどり着いたのは「黄金ノ湯」

 黄金って言うくらいだから、お湯の色も黄金を想像しがちですがなぜか黒っぽい。大人2人でちょうどいい程度の浴槽のみがちょこんと存在しております。脱衣所なんてもんはありません!大自然の中、思う存分スッポンポンになりましょう!

 ヤンも全部のお風呂で入浴したいところではありますが、さすがに山登りしながらの野天めぐりですから、ここでは足湯のみにとどめます。頂上で卒倒してもなんですからね。
  さて、ひとしきり楽しんで靴を履いていましたら、なにやら人の気配が!なんと若いカップルが下山してくるではないですか!

「えっ!?今お風呂入ってきたの?」

 って聞いたら、

「すぐ上で入ってきました〜。」

 だって!!あわやニアミスだよ!よくみれば二人ともうっすら上気して、髪の毛も濡れています。神田川feat.蓮華温泉の風情っす。小さな石鹸カタカタ鳴ってるわけですよ。彼氏さえ許してくれれば、混浴申し込んだのにな〜・・・。

 意外に若い人達も混浴OKなんだな〜なんて思いながら、次のお風呂を目指します!10分ほど歩いていると、目の前に開けた斜面の中腹辺りから湯気が立っているのが見えました。どうやらあれが「仙気ノ湯」のようです。

「うわ〜、あそこまで登るんか〜・・・。」

 なんて愚痴をはいていたところ・・・キャッキャっという若い女性の声が!目を凝らして斜面を探すと、バスタオルを巻いたレィディースが二名下りてくるではないですか!俺達エキセントリックな中年BOYは、脳が命令出す前に猛烈な勢いで山を駆け登ったのさ!!

 「すみませ〜ん!今僕たち野天巡りしてるんですけど、一緒に入ってもらえませんか?!」

 有無も言わさぬヤンの懇願に、最初は困惑していたレイディース二人も快諾してくれました!なんと奇跡の混浴達成ですよ!さすがにバスタオルを装着したままですが、悲願のLet's入浴です。

 ところがこの「仙気ノ湯」めちゃめちゃ熱い!湯温53℃とかあるんだって!ちなみに色は白。熱い熱いと言いながら、先んじて入浴しているお二人を待たせるわけにはいきません!ヤンも根性の見せ所!肩まで浸かっての記念撮影であります!やったね!俺すごい!
  お二人にお別れの挨拶をして、さらに登ること5分弱。蓮華温泉の最高地点「薬師ノ湯」に到着です。お湯に浸かって後方に目を向けると、まぁなんという絶景でしょうか!白馬連峰をはじめ、雄大なアルプスの景観が見て取れます。この景色を眺めながらお風呂に入ってる状況が、非常に不思議に感じられます。

 しかもお湯の温度もちょうど良い!ゆったり長湯が出来る温度ですよ。山々の緑に囲まれてるからか、お湯の色も緑色。この景色と気持ちよさを味わえるんなら、ここまでのトレッキングなんてど〜ってことない作業ですわ。

 下山途中にもう一つ「三国一ノ湯」ってのがあるんですが、これがまた何故?の風呂。三国で一番の湯ってワリには、ものすごい狭い!大人一人入ったらもう満員で〜すってサイズ。ここもぬる湯で、色は透明。出発点から近いので、先行者との遭遇率は高そうですが、混浴は厳しそう。ぎゅ〜ぎゅ〜詰めになりたいカップルにはお勧めしておきましょうかね。

 そんなこんなの御褒美温泉ドライブ。最初は「え〜・・・。」って思いましたけど、結果的には素晴らしい御褒美になったかも。虫への耐性と多少のおおざっぱさは必要ですが、皆さんも是非体感してみてください!!

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

出発点のロッジで〜す。 小川の流れもあったかい。
「黄金ノ湯」と言いつつ黒? 惜しい!! 混浴カップルに遭遇!
斜面から湯気が・・・あそこまで登るんかい!? YES!!混浴達成in「仙気ノ湯」
一番上の「薬師の湯」 「三国一ノ湯」ってワリに狭い!