新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

関越自動車道 長岡IC ご当地グルメドライブ/ラーメン・長岡市編

09年11月5日ONAIR

 人気企画久々の復活!「ご当地グルメの旅・ラーメン特集」っす!毎回反響が大きいラーメン特集なのですが、前回の新発田編から1年2ヶ月ぶりというお久しぶり。最近ラーメン店の新規開拓してないヤンとしては、大いに楽しみであります。

 んでもって今回は、ディレクターS氏の意向で長岡ラーメン特集です。長岡ラーメンって〜と、しょうがの効いた醤油ラーメンで、背脂たっぷりってのが定番ですが、今回は定番以外のお店を3軒チョイスしたそうです。よっしゃ!長岡ラーメンの懐の深さを感じてやろうじゃないか!

 では大事な一軒目。このあとの展開を考慮して、あんまり重いラーメンはご勘弁願いたい。お邪魔しましたのは「光龍」さん。ラーメン屋さんと言うか、町の中華料理店って感じの店構え。

 S氏から特にメニューの指定もなかったので、一番人気の「光龍拉麺」の塩味を注文。まずはスッキリ塩ラーメンで、胃の調子を整えねば!

 出来上がったラーメンのビジュアルにまずビックリ!ご主人いわく偶然だそうなのだが、見た目がほぼドラえもん!ゆで卵の目に、肉団子の鼻。誰が見たって、いかした猫型ロボットですぜ!まぁ、これだけトッピングの種類が多いから、麺やスープが見えるスペースが無いのも分からんでもないけどね。

 しかし!なんと言ってもラーメンの味が最重要!しかとチェックしてみる訳であります。まずはスープをズズッと・・・。やるね〜、ドラちゃん。実に複雑な旨味が口の中に広がります。ただしょっぱいだけの塩ラーメンって数多ありますが、なんという混沌感。甘み、旨味、塩味、深み・・・渾然一体となった小宇宙ですわ。

 麺も中太のちぢれ麺で、スープとの相性もバッチリ!なにより具沢山なので、麺とスープの合間に食べるトッピングを食べ進むのが楽しい!

「次はどれ食べようかな〜〜〜」

 ってね。子供たちなんか大喜びで食べちゃうんじゃなかろうか。このビジュアルもあって、ご主人もネーミングの変更を考えてるという「光龍拉麺・塩」。いろんな意味でハッピーになれる一杯でした。

 2軒目!北海道ラーメンで名高い「あしょろ」さんでございます。ここはなんだかS氏お勧めの一杯があるらしく、ヤンは何を注文したのか分かりません。ただ、届いたラーメンを見て、また度肝を抜かれてしまったのさ!

 とにかく「山」なのよ!見た目も盛りも!ドド〜〜ンとそびえ立つ具材の山は、ラーメン界のチョモランマ!その名も「二代目技郎(ぎろう)」

 頂上部分が薄っすら白くって、ホント山みたい。ただし、舐めてもらっちゃ困るのは、この見た目も含めて全部計算済みって事。

 頂上からザックリ具材を見ていくと、すりおろしニンニク、背脂、モヤシ、キャベツ、角切りチャーシューなどなどボリューム満点!この具を混ぜながら食べていくんですが、食べ進むごとに違った印象になってくるから不思議なのだ!

 第一投の印象は、油麺的な濃厚ガッツリ系。極太の麺が食べ応え満点!しかし、スープを飲んでみると、意外なほどあっさりな白醤油味。なんだこの印象のギャップは?!

 程よく具材とこのスープが交わると、ドンドンお味が変わってくる!正に進化するラーメン!この不思議ラーメンに深みを与えているのが、黒い調味油。フランス料理にも使われている丸秘(?)食材なのです!やるね〜、計算してるね〜。完全に見た目に騙された一杯っす!

 見た目に騙されたって言えば、3軒目の「七鐘屋(ななや)」さんのラーメン。新潟ではおそらくここだけっていう「尾道らーめん」を提供しているお店です。広島のご当地ラーメンって気になりません??

 見た目はホント、普通の豚骨&魚介の醤油ラーメン。和歌山しょうゆラーメン的な佇まい。しかしこれがとんでもない未知との遭遇だったのですよ!

 まず香りが凄い!ご主人が丼を持ってきた瞬間から、フワ〜っと実にいい香り。同行スタッフ全員口を揃えて、

「いい匂い〜〜!」

 って言っちゃったもん。背脂も大きめの物が浮かんでるし、見た目もヘビーそうなんだけど、スープはスッキリ&サッパリで尚且つ複雑な旨味の集合体!材料は全て、広島から取り寄せているそうですが、どうしても瀬戸内海の魚じゃないと、この味にならないのだそうです。

 うんうん、確かにこの味は初めてです。魚介系のダシって、とりすぎると甘さがしつこかったりするじゃないですか。なんかそういう変な甘みが全然無いすよね〜。とにかく、ダシのベースが5種類くらいあるんじゃないの??って程の旨味バリエーションなのであります。

 んでもって麺が、極細のストレート麺。博多の麺をイメージしてもらえれば良いかも。やや固めの麺を一気にいただくのも良いが、後半戦のスープをタップリ吸った麺も楽しめますよ。

 当日は横浜から、ご主人の師匠が来ておりまして、

「ウチのスープ、長岡で一番美味いと思ってるんですけどね。」

 と自信満々であります。まぁ、確かに美味かったもんな〜。好みもあると思うけど、絶対初体験のお味だっのは、あたくしヤンが保障いたしますぜ!

 という長岡ラーメン珍道中でしたが、いや〜長岡レベル高い!!っつ〜か、新潟のラーメンがレベル高い!東京とかの行列店も行くんだけど、やっぱ新潟のラーメンが一番美味いと思いますよ。これマジで!!

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

ラーメン珍道中のスタートは「光龍」さん。 見た目はドラえもん。お味は繊細な「光龍拉麺・塩(850円)」
逃げない仕事の光龍さん。いい仕事しますわ。
なんじゃ〜この盛り!「二代目技郎(780円)」
「あしょろ」スタッフの皆さん、あざした! 「尾道らーめん・コクうま(700円)」
見た目は普通の豚骨醤油なんだがな〜。
つけ麺は冷やし中華風味。新しい。 七鐘屋のご主人(右)&師匠(左)。