新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

上信越自動車道 上越高田IC ご当地グルメドライブ/上越のうどん

10年6月10日ONAIR

今週は大好評「ご当地グルメの旅」であります。大好評に乗じて、毎週ご当地グルメやってる気がするまぁ〜(笑)。しかし、今回のグルメニューは「うどん」っす!麺類大好き中年BOYSにも盲点でありました。ラーメン&蕎麦は散々やったけどね。向かった先は上越市。北陸道をドライブして、うんまいご当地うどん探してみましょう!

 1軒目は「鶴越」さん。脱サラしたご主人が、本場讃岐で修業をしてきたという本格手打ちうどんのお店です。どうやらご主人、FM-NIIGATAリスナーみたい。この時点で既に好印象だね。

 お店の外観は民家?って感じの飾りっけの無さ。お店の場所も住宅街の真ん中。ただドデカイ看板が「うどん店」を主張しています。そういえば、本場の香川でもこういう普通のお家みたいなお店多いって聞いたことあるな〜。そこまでこだわりってやってるとしたら凄いよね!

 んじゃ、早速うどんいただきましょう!ヤンが頼んだのは「せせり天うどん(冷)」なり。冷たいぶっかけうどんに、鳥の首の部分の肉(せせり)の天ぷらがトッピングされている一品です。

 これが驚くほどの美味さ!!

「なにこれ?うどんってこんげうんめんけ?!」

 思わず唸ります!1cmとはいかないけど、極太うどんは信じがたいほどのコシ!粉っぽいトコロは全くなく、のど越しも気持ちいい!!まさに「ツルコシ」もしくは「ツルシコ」なのであります!

 んで、特筆しておきたいのがせせり天!もうスッゲうんめっけ!!絶妙の柔らかさ&程良い歯ごたえ&濃厚な肉汁・・・それぞれ矛盾した「お肉の気持ちいいトコ」が混在してるって〜の!!こんな鳥肉初めて!

 それがまたうどんに合うんだわ!

「俺、こんなに美味いとは思わなかった・・・。」

 って鶴越の奥さまに申し上げたら、

「でしょ。(ニコッ)」

 って不敵な笑み。この味には絶対の自信ありって感じなんでしょうね!確かに旨いもん!中年BOYS全員5分で完食!ディレクターIこう氏なんて、名物の超てんこ盛りメニューを同じく5分で完食!いや〜恐れ入った!

 2軒目!鶴越のご主人曰く、上越で一番最初に「手打ち」をうたったお店、その名も「うどん屋」さんにお邪魔します。うどん屋っていうくらいですから、当然こちらも絶対の自信ありですよ!

 ここでは名物メニューを逸品ずつセレクト!一品目は、年中食える「鍋焼きうどん」っす!夏場にあえて注文する人もいる人気メニューなのだ!土鍋に一人前ずつ出てくるんだけど、ふたを開けた時の湯気の感じがたまんないよね!半熟になってる玉子の黄身を箸で割った時の至福ったらありません!うまいなぁぁぁぁぁ!!

 やや細めのうどんにちょうどよくダシもしみてます。こういう煮込みうどん系ですと、煮過ぎて麺が終盤ボロボロになりがちですが、しっかりとしたコシがあるので途中で千切れない。実に気持ち良くツルツルいけちゃうのだ!

 もう一品は「細めん」っていう夏場限定の冷やしうどん。その名の通りの極細うどんなんだけど、この細めんのコシが強烈!過去最高の弾力と噛み心地です。

「うちの3歳の孫なんて、最近まで噛み切れなかったからね。」

 って、女将さんが言うくらいのコシの強さ。夏になるとわざわざこれを食べにくる常連さんが後を絶たないのですと。ウン、これも初めてお目にかかったうどんですな。

 ことらの娘さんがFM-NIIGATAのリスナーさんだということだったので、記念写真を撮って次行ってみよう!

 3軒目!仲町にある「かね泉」さん。高田の中心部にあるからなのでしょうか、うどん?って〜くらいモダンな外観。店内もおしゃれダイニングってな風情。なんだったらしっぽり合コン出来そうな感じよ。

 こちらのうどんは、いわゆる稲庭うどん系。細くってコシのあるうどんですね。ここまでかなりのうどんを消費している中年BOYS。お腹の余力分を考慮して、一番人気の「天ざる」を注文してみます。

 いや〜、ここ3軒目で良かった。なんだかとっても優しいうどんでさ、ツルリといただけるのよ。見た目にも美しいそのうどんは、半透明でキラキラ輝いております。ご主人自慢の天ぷらも、カリっとサクッと気持ちいい揚がりかた。そして、何と言ってもダシが美味い!!ヤン気ま初登場、ウェブ担当のウエブ専氏も、

「う〜ん、ダシが効いてますね〜。このつけ汁良いっすわ!」

 と、意外な味覚センスを披露。確かにすんごいいいダシなんだわ。最後にソバ湯入れて飲むと、ダシの上等さが一発で分かるんで、試してみてほしいっす。ちなみに「ゴマダレ」の方も美味!ちょい酸味の効いたトロっとしたタレ。うどんに絡んでたまらんですよ!

 そんなこんなの今回のうどん旅。材料とか作りかたなんて〜のは、基本的には同じはずの「うどん」ちゃん。なのになんでこんなに個性が出るのだろう???職人さんの技なのか?それともやっぱり材料に秘密があんのかな??とにかくうどんの株は急上昇した感のある今回のドライブでした!

「讃岐うどん房 鶴越」(http://tsurushiko.net/index.html
上越市昭和町2-18-13 電話025-520-6444 毎週火曜定休

「うどん屋」(http://www.week.co.jp/ngg/101438/
上越市中通町6-16 電話025-525-9970 毎週月曜定休

「手造りうどん・そば かな泉」(http://www.kanasen.jp/index.html
上越市仲町3-8-24 電話025-525-7173 毎週月曜・第3日曜定休


今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

「鶴越」さん到着! 大人気「せせり天うどん」
ご主人、おみやげもあざした!!
2軒目「うどん屋」さん!
夏場にアツアツの鍋焼きだ!! うどん屋ファミリーあざした!
上品でしょ?このゴマダレが良い! 「かな泉」さんあざした!!