新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

関越自動車道 小千谷IC アルパカに会いに行こう!/長岡市山古志

10年7月22日ONAIR

 我が新潟県には、たくさんの観光資源があるのですが、残念ながら動物園が無い!子供たちなんて動物好きなんだろうに、この一点だけは残念ですな〜。ただ!全くそういう施設が無いかって言うとそうでもない!今週は「動物とふれあえるドライブ」を提案してみたいと思います。

 昨年ゆるかわブームにのって大人気になった動物って言ったら何でしょう?そう、答えは「アルパカ」であります。なんと新潟にアルパカ牧場なるものがあるのですよ!場所は、関越道・小千谷ICから約20分、旧山古志村。山間の集落を走っているといきなり牧場が現れるからビックリ!

 まぁ、牧場っつってもそんなに広大なわけじゃなく、7〜80坪ってトコでしょうかね。柵で囲われた敷地内には7頭のアルパカちゃんがいらっしゃいます。こちらは入場料・無料、24時間365日営業なのでいつ行っても基本的にはOK。ただし、餌をやったりは出来ないんで、基本的には見るだけ牧場っす。

 当日は小雨がパラつく生憎の空模様だったんですが、そんな中立ちすくむアルパカちゃんはなんともいとしげ。アルパカって言えば、あのフカフカの毛が印象的ですよね。時期的なもんなのか、丁度毛を刈られたばっかみたいで、やせ細って見えるのよ。んで、おおっきな目でこっちをじ〜〜〜っと見つめてくる。

 BGMにはなんとなく「ドナドナ」が流れて来てもおかしくない雰囲気。なんじゃ〜この守ってあげたい感は?!かわいい〜〜〜!しかも、アルパカってどこか人間臭いのね。だれかに似てる。

 ヤンが発見しただけで、PRINCE、松島とも子、ムッシュかまやつさん似のアルパカを確認!ちゃんと、

「かまやつさ〜〜ん!」

 って呼ぶと近づいてくるっけね!牛や馬より親近感もって接っせます。

 しっかし何故ここ山古志の集落にアルパカ牧場なの?飼育組合の方にお話を伺いますと、あの中越大震災の時、アメリカから支援してくれた方がいて、その方の好意でアルパカが贈られたのがきっかけなんですと。だからここにいるアメリカ生まれのアルパカちゃんは、全て英語名。しかも血統書付の由緒ある生まれ。

 しか〜し!この6月9日に初の日本生まれの女の子アルパカちゃんが誕生したのです!その名は・・・・まだ無い!今大募集中とのこと!なんとその締め切りが取材日の翌日だって〜じゃありませんか!急いで考えなきゃ!

 地域の方々にお話を聞いたら、色々ご希望があるようで・・・。

@ 初めて日本で生まれたので、和風な名前がいい。

A 地域に愛される名前がいい。

B 覚えやすい名前がいい。

なんだろうな〜?そん時はいろんな理由があってこうなったんだけど、今考えるとなんでこの名前にしたのか定かじゃないんだけど、ヤン気ま的なアルパカベイビーの名前は「おせきさん」・・・・。なんか理由があったんだよ!なんか!!でも、忘れちゃったの!

 放送日には結果が出てるらしいので、名前の結末は是非本編でご確認ください。どうしよう、奇跡のおせきさんだったら・・・。


今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

アルパカ牧場の看板。良い手作り感だね。 名前の札と本人を確認中。
これ位の距離には接近可能!

誰かに似てない?右・PRINCE左・松島とも子??
右の子が今年生まれた赤ちゃん。 おっぱい飲んでます。
アルパカの毛で作ったぬいぐるみ。信じられん程柔らか。 みなさまお世話になりました!!