新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

関越自動車道 小千谷IC 絵紙で彩る小千谷のひいな祭り

11年3月3日ONAIR

 今週は「ひなまつり」にぴったりのイベントをご紹介しましょう。小千谷市で開催中の「ひいなまつり」であります。ヒナとヒイナの違いはいったいなんじゃらほい?そこには結構な違いがあったのであります!

 会場は小千谷市の平成商店街。関越道・小千谷ICから約5分。すぐ着いちゃいます。開催場所が商店街ってとこでピーンときたかもしれません。そうなのです、いろんなお店で雛人形が見れちゃうってイベントですな。

 詳しいお話を伺おうと、ボスでありますところの「横山表具店」さんにお邪魔します。到着して横山さんに挨拶するやいなやas soon as!

「まずどうぞ上がってください。」

 そう!横山表具店さんもひいなまつり会場の一つなのだ!百聞は一見にって言うんなら、まず実物をみてやりましょう!

「え〜と・・・ひな、ヒナ、雛は?」

 あれ?メインの雛人形はどこなんじゃ?目に付くのは、かべ一面に飾られた浮世絵!もう壁一面ビッシリです!横山さんのお話を聞きますと、これが「ひいなまつり」の真相なんだそうな。

 この辺の集落では、ひな祭りの日にこういう風に壁一面に色とりどりの絵紙(浮世絵)を飾る風習なんだそうな。こここ平成地区商店街の19のお店などで見学できるのです。もう「ひいなまつり」とは言え、メインは完全に浮世絵!これが凄く見ごたえあるのよ!

 多い絵柄なんだと思う??役者さんの絵が多いんだわ。歌舞伎役者さんね。何代目なのかは分からんけど、市川団十郎&海老蔵さんとか、影から見守るマオさんとかね(ウソ)。あとは相撲とか花魁、明治期の風物が人気あったみたい。

 いうとくけど、浮世絵って版画でしょ!信じられないくらいクオリティー高いのよ!横山さんの話によれば、1mmの幅の中に、最高4本の線が掘り込まれてるんだって。色も極彩色で煌びやかよ〜。ひとしきり見ほれておりますと、

「じゃ〜、メインの会場がありますんで、そちらにいってみますか?」

 ??ここメインじゃなかったんだ・・・。んで、そのメイン会場は、横山表具店さんから歩いて1分「照専寺・内和順会館」であります。火曜の昼間から、沢山のお年を召したレイディースが見学中でございます。

 さすがにメイン会場ということもあって、展示内容は素晴らしい!壁面にビッチリ絵紙が貼ってあります。バリエーションも豊富。珍しいトコですと、皆さんご存知の東海道五十三次の屏風なんかもありましたよ。この五十三次の何が珍しいかって〜と、風景の中に必ず美人さんの姿が描かれているトコ。見学中のこの道に詳しそうな御仁も、

「う〜〜ん、こういう美人画で五十三次ってのは珍しいな〜。」

 しきりに関心されておりました。

 マニアも唸る展示内容にも関わらず、さらに嬉しいのは撮影自由ってこと!普通美術館なんかに展示されていると、撮影ご法度ですが、ここは撮り放題!しかも入場無料!さすがに絵紙に触っちゃダメですけど、ガラスケースにも入っていません!当時の染料の匂いまで感じられそうであります!興味津々の中年BOYSでありましたが、ただ一つ残念なのは開催期間が短いってことかな・・・。こういうものは保存が難しいから、しょうがないって言えばしょうがないんだけどさ・・・。

 期間限定の「小千谷ひいなまつり」一見の価値は大いにありますぞ!!



今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

わかる?この髪の細さ!版画だよ! 何代目かのえびぞー&団十郎
こういう風に飾るわけだ。 横山さん一番の宝物。
メイン会場の照専寺・内和順会館。 江戸期のお雛様もあるよ。
立体的な紙の人形もあり。 横山さんあざした!!