新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

北陸自動車道 糸魚川IC 町歩きドライブ/糸魚川市

14年9月11日 ONAIR
   
今日はお願いします! ホントはぶら下がっている「車麩」
絶品ところてん!! 田鹿麩店の社長さん、あざした!!
古い建物も結構あります。 塩の道の出発点。
糸魚川の味!マルエス醤油味噌醸造店。 加賀の井さんのお宝!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週は、糸魚川の街歩きでございます!前回の街歩きは、ガイドブックを見て、適当に街歩きいたしましたが、今回はガイドさんをお願いしましたよ!

 駅前にある観光案内所に頼むと、一人300円で頼めます。カップルだと500円です。しかも、予約は不要とのことなので、ブラリ行っても大丈夫です。

 行先を全部ガイドさんにお願いすることも出来ますが、食とか建物とか、ジャンルを希望することも出来ます。

 んで、我々は?

「わたし、このところてん食べたい!」

 ガイドブックを見ていたB先輩の鶴の一声で、田鹿麩店さんへ向かいましょう!!

ここはシーズンになると、車麩が天井からぶら下がって、なかなか見れない光景になるらしいのですが、今は麩のシーズンが始まったばかり!

 残念ながら、天井からぶら下がってるのは見れませんでしたが、良いことがありましたがな!!

 社長&奥様のご厚意で、B先輩垂涎の「ところてん」をごちそうになってしまいました!!

 糸魚川の皆さんには、すっかりお馴染みでしょうが、田鹿麩店のところてんはスペシャルなのです!

 どんな食べ物でもそうかもですが、大量生産や日持ちを考えて(?)、昔ながらの製法って、ドンドン無くなってきてるじゃないですか。

 今我々が食べている、一般的なところてんもしかり・・・。

 ところが、こちらのところてんは、頑なに昔ながらの作り方で提供しているの だ!!

「どっちが正解ってことは無いですけど、これが本来のところてんのお味ですよ。」

 とは、社長さんの弁。これが確かに全然違う!!

 ところてんって言ったら、無味無臭の代表選手みたいなトコあるけど、しっかり原料の海藻の風味が!!潮の香りのするところてんって初めて食べた!!

「おいしいぃぃぃ~~!!」

 B先輩も感動っす!!

 さらに、社長さん曰く「新潟一高いエゴ」も食べさせてもらいました!!

 厳選された(高い)原料を使ってるんで、こちらも常識を覆す味の濃さ!いや~、驚愕でしたわ!!

 それじゃあ、B先輩のリクエストにもお答えしたし、本格的な街歩きしに行きましょうか!

 核心部分は、駅前通りと交差する雁木の通り。ここには、七福神に奴奈川姫を加えた八福神の像や、古い建物も結構あるのです。

 例えば、現在は骨董屋さんですが、元旅館の「平安堂」さん、戦国時代に京都からやってきた「京屋」さんなどなどね。

 あと、マキノの飴をはじめとした、ご当地伝統スイーツも楽しめますよ!

 いつもの流れなら、この辺でご当地グルメでもって流れになるんですが、今回我々がチョイスしたのが、醤油味噌!(笑)

糸魚川市民の味「マルエス醤油味噌醸造所」に行ってまいりました!!

ここの建物は、店舗兼工場って感じでしょうか、まさに出来立てを出荷ってイメージね。

 また、工場の建物も、なかなか趣があって、歴史を感じさせてくれます。

 残念ながら、工場見学は出来ませんでしたけど、ここでお土産タイム!

 それぞれ、味噌4キログラムと、醤油1升買うもんだから、この時点でかなりの重量!!これ持って、この後も街歩きするのは正直しんどいんじゃないか?!

 近くに「塩の道」の出発点があるんだが、昔の人は、これ以上の重量の塩を担いで山越えてたんだからね。それ考えると頭下がるね・・・。

 んで最後は、加賀の井酒造さんでお宝見物&酒蔵見学して帰って参りました。

 もの凄い目から鱗だったし、貴重なモノ見てきましたが、話が相当長くなるんで、続きはみなさんで体験してみてください!!(笑)

 糸魚川って言えば、最近はジオパークやフォッサマグナばっかり取り上げられてますが、実はどっこい!街歩きも面白かったっすよ!!


今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:まち歩きガイド(糸魚川市観光協会)
住所:糸魚川市大町1-7-11 ヒスイ王国館2階