新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

関越自動車道 長岡IC ご当地グルメドライブ/名水を使った麺料理

16年3月3日 ONAIR
   
「麺処つるりん房」着!
「縄文雪つららの水」は、飲み放題!
うまそうじゃんか! 釜揚げそうめん!
うどんもコシあるよ!
見学もできますよ!
麺製造マシン! あざした!!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週は、ご当地グルメドライブ!!

 やってまいりましたのは、長岡市の三島地区にあります「麺処つるりん房」さんです。

 関越道・長岡ICから約15分くらいでしょうか。

 こちらでは、名水「縄文雪つららの水」を原料に使った、いろんな麺料理を楽しめるお店です。

 もともとは、広く販売も行っていて、そのころの「君が代製麺」って名前がピーンとくる方も多いと思います。

 んじゃまず、その美味しさの秘密ともいえるべき、「縄文雪つららの水」を飲んでみましょう!

 このお水は、お店の前に水汲み場があって、だれでも無料で飲むことができます。

 取材中もたくさんの方がいらっしゃって、水をポリタンクに詰めてましたよ。

 さて、そのお味は・・・。

「・・・うん。丸みがあって、優しい味ね。」

「どう違うって言われると困るけど・・・やはり水道水とは違いますね~。」

「味ありますよね~。」

 など、感想はさまざまですが、普通の水とは違う、ありがたみが感じられます。

 さあ、このお水を使って、どんな麺がでてくるんでしょうか!?

 では、お店に入ってみましょう!!

 
 席について、メニューを拝見してみますと、どうやら主力商品は「うどん」と「そうめん」みたいね。

 冬場に食べるそうめんってどんななんだろ?って疑問から、アタシは「釜揚げそうめん」を注文!

 NAOKI君は、あったかいうどん。

 K氏は、「地酒ラーメン」を注文しました。

 K氏注文の「地酒ラーメン」ですが、麺に地酒と酒粕が練りこまれているオリジナル麺に、アゴ出汁スープのラーメンだそうな。

 どんげ味なんでしょうね?

 ちなみに地酒が入ってる麺と言いましたが、アルコールは既に飛んでるんで、食べて車を運転してもOKっす!(笑)

 待つこと7分・・・さあ!来ましたよ!!真冬のそうめん!!

 「・・・おっ!!コシすげ~!!」

 あんな細いそうめんっすよ!

 そうめんを釜揚げで出したら、あっという間にのびちゃいそうですが、終盤までしっかりコシがある!!

 食べてる感覚としては、うどんとそうめんの中間くらいの食感。

 うどんも然り。

 うどんにしてはやや細めの麺は、コシがあってツルリとした喉越し。ちょうどうどんとそうめんの気持ちいいトコにいる感じ。

 そして注目の地酒ラーメンは?

「・・・ん!やっぱそうめん寄りなのかな?うまいっすよ!」

 ラーメンの麺は、そうめんよりちょっと太いくらい。

 つっても、普通に言えば極細麺かな。

 ストレート麺なんで、スル~っと口の中に入ってきます。

 酒粕の風味もしっかり感じられますね。

 ただ、通常のラーメンの麺のように、多分カンスイ使ってないんで、あのモチモチっとした感じではないです。

 完全にオリジナルのラーメン用の麺ですな。

 しばしお食事に浸っておりますと、社長さんが、

「ぜひこれも食べてみてください!!」

 と、ざるそうめんをご馳走してくれました!

 実はコレが正解だったんだな~!!(笑)

 冷たいそうめんって、食べなれてはいるんだけど、冬だからってことで手が伸びなかったんすよね。

 やっぱ冷やしたのが一番うまい!!

 普通そうめんって、喉越し重視で、あんましコシとか重要視しないじゃん?

 まぁコシがスゲんだわ!!

「うんめ~!!」

「これが一番美味しいっすね!」

「やっぱ、コシすごいですね!!」

 みなさんにも大好評であります!

 この後、お店の裏側にある工場スペースの見学もさせていただきました。

 なにせ創業140年ですから、昔の製法や道具なんかも見れちゃいますよ!

 ご案内いただいた専務さんの話も面白かった!

 お店が営業中は、どなたでも見学可能と言うことですが、是非専務さんのいる時間を狙って行ってみてください!

 その方が5倍面白いよ!


今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:麺処つるりん房(まるや君が代)
住所:長岡市脇野町2015