新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

関越自動車道 大和IC ドラ割で行く!お得な魚沼ドライブ

17年7月6日 ONAIR

   
室温3℃だってさ!さ~め!! 雪がこんなに!
雪室商品がたんまり! 2Fはキッチン雑貨がたんまり!
お昼は「武火文火」で! ほぼほぼ魚沼産!
NAOKI君の食レポも聞き納め。 あざした!!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週も初夏のドライブにお勧めのスポットにやってきました!

 関越道・大和PAスマートインターから約15分「魚沼の里」でございます。

 「霊峰八海山のふもと、のどかな田園風景が広がる里山に、心安らぐスポットが点在し、素顔の魚沼と出会うことのできる施設」だそうで、あの酒蔵を中心に、飲食店、雑貨屋さん、特産品売り場、ケーキ屋さんなどなどが集まる観光施設なのです。

 敷地も広大で、様々な施設がありますので、すべては紹介できません!

 そこで、スタッフが気になった場所をいくつかご紹介したいと思います!

 まずは、八海山雪室!

 ご案内いただくのは店長さんです!

「ご存じのとおり、この辺は豪雪地帯でありますので、その雪を有効に使おうと作られた施設です。」

 まずはその雪室を見学させていただいたのですが、ここが超絶冷え冷え!!

「うわ~~~!さ~~め!!ここ何度あんすか?!」

「夏場でも、常時3℃くらいですね~。」

 奥の方には、高さ5mほどに積み上げられた雪の塊が!!

「この雪の冷気だけで、一年中安定した温度にしておけるんですよ。」

 なるほど、この安定した低温がミソなんだな。

 最近よく聞く「雪室熟成」ってのは、この環境のおかげらしいよ。

 極寒の雪室を抜けると、その自慢の「雪室熟成」食品のショップになっておりました。

 お酒は当然として、コーヒー、ケーキ、ソース、漬物、調味料etc.

「雪室シリーズって、こんな種類あんの!?」

「やはり、味に深みが出るので、どの商品も好評なんですよね。」

 う~ん、雪室に2~3日いたら、アタシも深みのある渋い大人になれるかしら・・・。

 さらに2階は、キッチン関係の小物&雑貨屋さんになっております。

 こちらは、新潟県のメーカーさんのものから海外有名ブランドまで、沢山の商品が並んでおります。

 また、お店の雰囲気もブティックみたくお洒落な仕上がり!

 こういう所は、Aちゃんが大好物なので、引きずりながら次に向かいましょう!

 

 続いてはランチ!

 魚沼の郷土料理と食材が味わえる「武火文火(ぶかぶんか)」さん。

 さきほどの「八海山雪室」とちがって、古民家を移築してきたような、和モダンな雰囲気っす。

 アタシは「けんちんカレー・980円」をNAOKI君は、一番人気の「武火文火定食・1380円」をオーダー!

「どちらも食材のほとんどが、地元魚沼産なんですよ~。」

 っつ~ことは当然、お米も魚沼産コシなんだな。

 アタシが注文した「けんちんカレー」は、その名の通り、けんちん汁の具でカレー作った感じ。

 大ぶりの野菜がゴロゴロ入っております。

「うわ!結構スパイシーだけど、野菜の甘味で相殺されて美味いわ!」

「野菜は、季節によって変わりますよ。これからの季節はナスなんかが好評ですね。」

 うんうん、ナス入ってたらさらに美味いだろうな~。

 NAOKI君の「武火文火定食」は?

「うん・・・まずお米が抜群に美味しい。おかずもご飯にぴったり合うものばかりで、魚沼を感じられるメニュ-ですね。この味がしばらく味わえないのは・・・残念です。」

 そうなのです!

 食レポマスターNAOKI君は、今週でヤンきま卒業なのだ!!

 我々もNAOKI君の食レポ聞けなくなるのは残念です!

 明日からは、新潟で培った「越後魂」を胸に、東京で羽ばたいていただきたい!

 さらばNAOKI!FLY HIGH!!


今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:魚沼の里
住所:南魚沼市長森343−9