新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

磐越自動車道 新潟中央IC 新潟開港150周年を祝う!パート2

19年1月10日 ONAIR

   
高級居酒屋さんって感じの店内。 「新潟みなと物語」3000円。
佐渡産 寒ブリの照り焼き。 「のっぺ」もなんだか上品だね!
マイタケとフキノトウの天ぷらもいいっすね! この柿の前菜は初めて食べました。
おかぴー、全部美味しいね!
あざした!!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週も、新潟港開港150周年関連の話題をご紹介!

 前回は、芸妓さんが店員としてサービスしてくれる「古町・柳都カフェ」を紹介しましたが、今週は港町新潟ならではの美味しいものでいきましょう!

 古町で50年以上の歴史を持つ「旬亭・越後うさぎ茶屋」さんです。

 ちょっと高級な居酒屋さんって感じなんで、接待で使ってるって営業マンも多いのでは?

「俺なんて、全然普通に来てますよ。」

 さすがスーパー営業マンのK氏であります!

 店内は、掘りごたつ中心の造りになっていて、落ち着いて食事できそうであります。

 

 お話を伺いますのは、店長さん&料理長さん。

「今回、新潟港開港150周年を記念して作った特別メニューってのを教えてください。」

「はい。新潟みなと物語というメニューです。」

「新潟港は、北前船の寄港地として栄えてきたというところから、北前船をイメージに、日本海の鮮魚、新潟の野菜をふんだんに使った懐石料理となっております。」

 なるほど、期待できそうですね!

 本来であれば懐石なんで、お料理も順番に出てくるのですが、今回は撮影の都合上いっぺんに出していただきました。

 一瞥しただけで、新潟の御馳走が大集合って感じです!

「あら?この前菜のお皿に旗が立ってますね~。」

「そうなんです。その旗で北前船を表現しています。」

 たしかに、お皿も舟形です。

「じゃあアタシ、のっぺから!・・・・うん!上品でおいしいわ!」

 材料は、里芋・人参などなどアタシんちのモノと似てはいますが、その切り方や味付けが全然違うね!

 醤油の味で食わすってより、出汁で食わす上品なのっぺであります。

 さすがこの辺は、老舗の味だね!

 おかぴーは、

「私・・・ブリかな。」

 今が旬だよ。佐渡産寒ブリの照り焼きでございます。

「う~~ん、美味しい~~!ご飯欲しくなりますね~!」

 脂も最高にのって、ご飯が進みます!

 あと、アタシが気に入ったのは、和風カルパッチョ?

 地魚の刺身を洋風に召し上がるアレですよ!

 ドレッシングに米麹を使ってるって言ったっけな?(覚えておけ!)

 初めて食べる新鮮な驚きでしたね!

 どうでしょう・・・全部で10品くらいはあるのかな。

 かなり豪華な新潟のごっつぉであります。

「店長、これいくらで出してるんですか?」

「はい、3000円で提供しております。」

「3000円!?」

 ふつうこのレベルの懐石食べたら、少なくとも5~6000円はするよ!

 さすが開港150周年記念メニューだわ!

「ただ、こちらのメニューは期間限定メニューになってまして・・・。」

 なんと!この「新潟みなと物語」は、期間限定メニュー!!

 日ごろお世話になっているあの人と、県外からのお客様と、はたまた大事なご家族とご一緒に、「旬亭 越後うさぎ茶屋」へGO!だ!!

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:旬亭 越後うさぎ茶屋
住所:新潟市中央区西堀前通8番町1509